心のケアの必要性

 

 暴力被害にあった女性と子どもたちは、加害者から離れた後も、追及の不安の中、PTSDなどの心の傷に苦しめられながら、生活困窮の中で生きています。

 地域社会からの理解も得られにくく、孤立しがちです。

 暴力の影響で、自尊心を低くされた女性と子どもたちが生活を再建し、社会とのつながりを取り戻すには、安心な居場所や心のケアが必要なのです。

 

 

~あなたには力があります~ 

心のケアで目指すこと

 

・シングルマザーと子どもたちが自信と誇りをもって自分の人生を生きられる

・人や社会とのつながりを取り戻し、自尊心を高める

・古い価値観を壊すことで、違いを尊重し、暴力のない安心な人間関係を作られる

・子どもらしく、のびのびと喜怒哀楽を自由に放出できるようになる

暴力の影響に悩む女性と子どもたちへ~心のケア~

心理教育プログラム

びーらぶ

女性と子どもの

ワークショップ

母子の心のケア

電話相談